稼ぐセミナー講師になるために

心得

あなたはなぜセミナー講師になろうと思ったんですか?

  • カッコいいから!
  • 金儲け!
  • 教えるのが好き!
  • セミナー業が流行っているから!
  • なんとなく!

こんな考えがあると思います。

でも、この中に1つだけ間違った考えがあります。その感情がもしあるのであれば、心の奥底に鍵を閉めてしまっておいてください。

そうしないと長続きしません。

それは、心のどこかで金が儲かるからセミナー講師をやろうと思っていること。

どの商売も金儲けばかりを考えていれば、一時的に集まるお金でしかない。

セミナー講師を長期的に行える環境を作ることが重要です。

セミナー講師を長く続けたくないのですか?または、もしあなたがセミナー講師をやるとして、どっちの姿が良いですか?

「一時的な金儲けの為にやり、はい契約が切れたから終わりという考えでやっているため、評判が良くない」

「まずはお金を払ってくれた人を第一優先で考え、成果もぐんぐん上がり評判が良い。契約が切れても、ちょくちょく連絡や相談をくれるので、嫌な顔せずに対応する」

さて、どっちらでしょうか。

当然、セミナー業にかかわらず長くやっていくには、顧客の心を掴まなくてはなりませんね。

まずいラーメン屋、評判の悪いラーメン屋には行きたくないですよね。

その事を踏まえて、以下が心得です!

  • 絶対に稼がせる強い意志
  • 挫折した人がいれば手を差し伸べる(見捨てない)
  • お金をいただいているということは、その対価として教える、または成果を上げさせる義務がある
  • 教える人の幸せを願っている
  • 生徒第一優先!自分が幸せになるのは2の次
  • 金儲けではない
  • 短期的な付き合いではなく長期的な付き合いを意識して接する(一生のパートナーとして)

わかりましたか?

大前提、お金をもらってる以上、生徒を徹底的に教えて、全員確実に成果を上げ、幸せにすることがあなたの指名です。

 

まずは金儲けは捨ててください。上記の事を行えば必然的にお金は入ってきます。

こんな人が向いている

実際は、全員セミナー講師になれる。

誰が向いているというのは、あなたの自己判断です。

初めは誰でも初心者。

 

 

好かれる講師とは

連絡がまめにくる

的確なアドバイス

熱心に教えてくれる

挫折しても良いめんたーとなる

嫌われる講師とは

嘘つき

成果が上がらない

とにかく続ければなんとかなるという、曖昧な表現が多い

教えてくれない

上から目線

最終目標として

教える立場として「先生」と呼ばれること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です